ハイジニーナ脱毛ってどんな感じ?

ハイジニーナ脱毛ってどんな感じ?

5年ほど前に、ミュゼプラチナムでハイジニーナ脱毛を体験しました。やっぱり見せるのが恥ずかしい部分ですしためらっていたのですが、当時わたしはデリケートゾーンの毛は全てカミソリで自己処理をしていたので、剃ったあとチクチク痛かったんです。それを男性に触られるほうが恥ずかしいと思いましたし、頻繁に剃っていてカミソリ負けが出来てしまうこともあったので、脱毛サロンに行くことに決めました。元々わたしは毛深かいことがコンプレックスだったので、どうせならと思い切って全身脱毛のコースを受けることにしました。ミュゼに決めた理由は、両ワキ1000円脱毛コースをすでに体験していて、丁寧な接客や効果に満足していたからです。

 

ミュゼの店内は白が基調で、スタッフさんも白のワンピース、髪を丁寧に束ねていてとても清潔感と高級感があります。ウェイティングルームにはソファーも雑誌も飲みものも置いてあり、もし少し長めに待たされたとしてもリラックスして待つことが出来ます。

 

施術を行うのはもちろん個室です。わたしは全身脱毛でしたから私服はすべて脱いで、用意されていたピンクの紙ショーツとベージュのポンチョのようなものを上に羽織りました。

 

体調確認や前日アルコールを摂取したかなど、いくつかの項目をチェックした後に施術がはじまります。そしてもちろん忘れてはいけないのが、生理中ではないかです。さすがにデリケートゾーンは生理中にレーザーを当てたり出来ないですもんね。

 

スタッフさんに裸を見られるのは恥ずかしいかなと思っていましたが、そこはプロの方なので本当に淡々としていて、さも「当たり前なことですよ」と言わんばかりの対応なので、自分でもびっくりするくらい恥じらいが消えてしまいました。

 

ハイジニーナのコースは、デリケートゾーンをどんな形にしたいのかしっかり要望を聞いてもらえます。わたしは普段から全処理派なのでもちろんその旨を伝えました。デリケートゾーンを処理する時はショーツを下ろすのではなく、横にずらして施術箇所だけを見えるように配慮してくれます。痛みの少ないレーザー脱毛ということですが、やっぱり毛が濃いからなのか他の部分よりも断然レーザーを当てると痛かったですね。でも一瞬だけの痛みですし、デリケートゾーンは範囲が狭いのですぐに終わりました。

 

一つだけ残念だと思ったのは、性器のキワというか周りの部分はレーザーを当てて貰えなかったので、そこだけ毛が濃いまま残っていることです。ですが全6回の脱毛でかなり毛は薄くなり、自己処理がすごくラクになりました。わたしはサロンに脱毛をお願いして本当によかったと思っています。

 

脱毛サロンのVIO脱毛を探す