羞恥から生まれる快適

羞恥から生まれる快適

私が全身脱毛を決意し、絶対に施術してもらいたい!と思っていた個所に、VIOゾーンがありました。初めての脱毛でこの3大巨頭?箇所をお願いしてもいいものか・・・正直すごくすごく悩みに悩みました。とにもかくにも悩みの一番の原因は一つです。

 

“ただただ恥ずかしい!”といった、羞恥心。本当にそれのみでした!なので、この羞恥心をいかに緩和してくれるのか、本当に安心できるお店探しに、個人的にものすごく力を注ぎました。当初の理想としては、自宅から近い事や料金が安いところ等々自分なりにあれこれとリストアップしていたのですが、カウンセリングを重ね、いくつかのお店に実際に脚を運び、いただいたパンフレットや説明を聞き、見比べ、検討した結果、今回私は、脱毛ラボさんに脱毛人生全て!(大袈裟?)をお願いしようと決めました!

 

決め手は、担当してくれた方と自分との相性が一番大きかったような気がします^−^;お店の雰囲気も、気兼ねなく、気負いせず通えそうだなと感じたことも要因の一つです。もっというと、恥ずかしさよりも自分の快適さの未来の想像をした時のワクワク感が、その時は一番勝っていたのかもしれませんが・・・それでもやはり、初めの数回は正直慣れませんでした。数人ものスタッフさんがかりで、毛むくじゃらな三十路女の裸体をシェービングしていただくわけですから。

 

まな板の上の鯉状態ですよね。同じ女性とはいえ、ほとんど人目にさらされぬ部位を蛍光灯の光の下にさらけ出す大罪をお許しください!!と懇願したくなるような気分を、勝手に毎回の施術時に感じていましたよ^−^;まして毛の処理をしていただくなんて!!と・・・申し訳なさでいっぱいでした。私の通っていたお店は比較的若いスタッフさんばかりだったので余計にそう感じてしまったのですが・・・。

 

でも、施術回数を重ね、実際に自己処理も減ってくると、それまでの変な思いはどこへやら、6回目の施術時には嘘のようになくなりました。“そういうものですから”と、妙に超越しきった穏やかな気持ちで、自分の秘部をさらけ出していました(笑)今では、ほとんど自己処理いらずになりました。

 

確かに冷静になって考えてみても、VIOゾーンのお手入れをしておいた方が、色々といいと思います。それでなくても、一年中臭いや蒸れが気になるデリケートゾーンですから、できる限り清潔でいい状態に保っておきたいものですもんね。特に女性だと、月のものもあるから余計にだと思います。

 

他にもVIO脱毛がおすすめのサロンを比較する⇒VIO脱毛が安いのは?